お知らせ

News

次回企画展「虫の詩 かそけきものの声音を愛す」6月26日スタート!

虫の詩 かそけきものの声音を愛す
2022年6月26日(日)―2023年6月11日(日)
1階 展示室3

小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)は虫を愛した作家でした。ファーブルの昆虫の本を愛読し、美しい竹細工の虫籠に松虫や鈴虫、草ひばりなどを飼い、その声音に耳を傾けていました。また、日本の古い詩歌をたくさん拾い集め、その詩に込められた心情や自然観、あるいは虫に対する日本人の愛着心について語るとともに、ときには進化論や仏教的、哲学的随想を交えながら日本の虫にまつわることがらを西洋の読者に紹介しています。

作品に目を向けてみると、「蜻蛉(トンボ)」「蝉(セミ)」「蠅(ハエ)」「蛍(ホタル)」「蛙(カエル)」「蚕(カイコ)」「草ひばり」「蝶(チョウ)」「蚊(カ)」「蟻(アリ)」など多くの虫や小動物などをテーマにしていることがわかります。作品はいずれも昆虫学の論考ではなく、その種類や鳴き声、和歌や俳句、虫聴きや虫売りなど文化的考察のエッセーです。八雲は虫にまつわる民俗信仰や民衆文化に関心を示し、自分自身も庶民の生活を共有するという共感的な姿勢を貫いていることがわかります。

「一寸の虫にも五分の魂」を見出す日本人の心の持ち方、虫の音を「美しいミュージック」と感じる日本人の耳と豊かな感性は、虫の愛好という点において、古代ギリシャ人と酷似していることにも気づきました。

本展では、虫や小動物が主役となる作品を糸口に、愛用の虫籠、直筆原稿、著作にみる昆虫のイラストなどの資料を中心に展示します。八雲が最も健全で幸福であるという日本人の自然に対する態度、あるがままの自然を受け入れ、虫や蛙などかそけきものの中にも「美」を見出してきた日本人の心に光をあてていきます。そのことが、困難な現代を生きる私たちに一筋の光をもたらすことを期待しています。

Upcoming Exhibition: The Poetry of Insects—Loving the Voices of Fleeting Lives starts on 26 June!

The Poetry of Insects—Loving the Voices of Fleeting Lives
Sunday June 26, 2022–Sunday June 11, 2023
Exhibition Room 3

Lafcadio Hearn, the writer, loved insects, and was an avid reader of Fabre’s books about insects. He kept a pine cricket, bell cricket and grass skylark in beautiful bamboo insect cages and listened to their song. He also collected many old Japanese poems. He wrote of the Japanese feelings and views on nature, and their attachment to insects which were evinced in these poems. In his essays, he touched upon the theory of evolution, and Buddhist and philosophical thought, and introduced the Japanese view of insects to readers in the West.

If we look at the themes in Hearn’s works, we can see many insects and small creatures, such as dragonflies, cicadas, flies, fireflies, frogs, silkworms, grass skylarks, butterflies, mosquitoes, and ants. However, his works were not entomological studies. He wrote essays on cultural observations, such the types of insects and their cries, waka and haiku poetry, the custom of listening to insects and the sale of insects. Hearn showed an interest in the folk beliefs and culture of the common people regarding insects. He maintained an empathetic stance in sharing the lives of the ordinary people.

The Japanese attitude towards insects, expressed in the saying “even a worm will turn”, the way in which they consider the cries of insects to be “beautiful music” and their rich sensibility have similarities with that of the ancient Greeks in terms of having a fondness for insects.

Emphasising works which feature insects and small creatures, this special exhibition displays Hearn’s beloved insect cages, original manuscripts and illustrations from his works. We will shine a light on the Japanese attitude towards nature, which Hearn found to be the soundest and happiest, the Japanese acceptance of nature “as-is”, and the beauty they find in ephemeral creatures such as insects and frogs. We hope this brings a ray of light to us who are living in the difficult contemporary era.

『小泉八雲の怪談づくし』販売開始しました

『小泉八雲の怪談づくし』
解説・監修:小泉凡
イラスト:渡辺亮
編集:小泉八雲記念館
発行:八雲会
デザイン:石川陽春
価格:1,800円

八雲が再話した怪談のあらすじ74話を収録!
 本書は、八雲が日本時代に採集・再話した怪談の全貌とそのアウトラインを知り、怪談文化に関心を持っていただくための手引書です。74話の怪談話の要旨に、解説とイラストを付し、ビジュアル的にも楽しめる一冊。「怪談のふるさと松江」からお届けします。
ご購入は、小泉八雲記念館ミュージアムショップ、今井書店田和山店(松江市)で。

【郵送販売について】
電話、ファックス、メールにて受け付けます。
氏名(ふりがな)、購入部数、お届け先の住所、連絡先(電話またはメール)をお知らせください。
代金と送料を現金書留にてお送りください。

送料:
1冊の場合は180円(スマートレター)
2冊の場合は370円(レターパック)
3冊以上の場合は宅配便料金(お問い合わせください)

ご注文先:
小泉八雲記念館
〒690-0872 島根県松江市奥谷町322
TEL: 0852-21-2147
FAX: 0852-21-2156
E-mail https://www.hearn-museum-matsue.jp/mail.html

発行者の八雲会でも郵送販売を受け付けています。
詳しくは八雲会のウェブサイトまたはチラシPDFファイルをご覧ください。

企画展図録「神々の国の首都に住まふ443日」発売!

小泉八雲記念館1Fミュージアムショップにて、また郵送販売にてお求めいただけます。これ一冊で、ハーンの443日(松江時代)がわかる充実の内容です。

〈主な内容〉
・神々の国の首都に住まふ443日
・ルポルタージュとトラベローグ
・言葉の画家が描く風景
・サウンドスケープという概念
・フォークロリストの眼と心
・ヘルン先生のくらし―教師・結婚・趣味・散歩
・ヘルンをめぐる人々
・ハーンの松江時代―年譜
〇B5判86ページ
〇日本語・英語
〇定価1,650円(本体価格1,500円)

郵送ご希望の場合:
・代金と送料を「現金書留」にてお送りください。
・送料 370円(レターパックライト)→3冊まで可
・ご注文は、TELまたはEメールで。
TEL: 0852-21-2147
Emai: https://www.hearn-museum-matsue.jp/mail.html