『ハーンを慕った二人のアメリカ人:ボナー・フェラーズとエリザベス・ビスランド』

本体1,500円+税
A4判(210 × 297mm)/56ページ/日本語・英語
小泉八雲記念館/2020年

企画展「ハーンを慕った二人のアメリカ人:ボナー・フェラーズとエリザベス・ビスランド」の図録です。

1階ミュージアムショップおよび郵送販売にて取り扱います。

  • はじめに
  • 小泉家からのごあいさつ 小泉凡 
  • フェラーズ家からのごあいさつ エイミー・リア・ホワイト
  • ビスランドとフェラーズをつなぐもの『日本――ひとつの解明』
  • エリザベス・ビスランド
    • 出会い
    • 別れと旅立ち
    • 文通の再開
    • 永遠の別れと賛辞 
    • 130年前、世界一周に挑んだ若き女性ジャーナリストたち:エリザベス・ビスランド&ネリー・ブライ
    • 生涯ハーン文学と日本を愛す:初の伝記作家となったビスランド 
  • ボナー・フェラーズ 
    • はじめて訪れた日本で“ラフカディオ・ハーン”に出会う
    • “憧れのハーン”の住まいを訪れる
    • 親日家として、職業軍人として
    • ダグラス・マッカーサーの軍事秘書となる
    • 「陛下にお目にかかれて光栄です」 
    • 「日本はアメリカに戦争で負けた。科学で負けた。が今、人情でも氏に負けた。」
    • 小泉家との心温まる交流 
    • フェラーズ家と小泉家の共同出版『リ・エコー』

Two Americans Who Admired Hearn: Bonner Fellers  & Elizabeth Bisland

¥1,500 (excluding tax)
210 × 207mm / 56pp. / Japansese & English
Lafcadio Hearn Memorial Museum / 2020

The exhibition catalog of "Two Americans Who Admired Hearn: Bonner Fellers  & Elizabeth Bisland".

  • Foreword
  • Greeting from the Koizumi Family by Bon Koizumi
  • Greeting from the Fellers Family by Amy Lear White
  • The connection between Fellers and Bisland — Japan: An Attempt at Interpretation
  • Elizabeth Bisland
    • Encounter
    • Separation and new journey
    • Resumption of correspondence
    • Eternal separation and tribute
    • The two young female journalists who made a trip around the world 130 years ago: Elizabeth Bisland & Nellie Bly
    • A lifelong admirer of Hearn literature and Japan: Bisland–Hearn’s first biographer
  • Bonner Fellers
    • Encounter with the works of Lafcadio Hearn on his first trip to Japan
    • Visit to Hearn’s family residence
    • As a Japanophile and as a professional soldier
    • Military secretary to Douglas MacArthur
    • “Honoured to meet His Majesty”
    • “Japan lost to America through war. It lost by science. Now, it has lost to Fellers’ humanity.”
    • Warm relations with the Koizumi family
    • Re-Echo — a work jointly published by the Fellers family and the Koizumi family