企画展・イベント

Exhibitions & Events

企画展

虫の詩 かそけきものの声音を愛す

Exhibition

The Poetry of Insects—Loving the Voices of Fleeting Lives

2022年6月26日(日)―2023年6月11日(日)
1階 展示室3

主催:小泉八雲記念館
共催:松江市、山陰中央新報社
協力:慶應義塾図書館、富山大学附属図書館、松江市立中央図書館、兵庫県立人と自然の博物館
後援:八雲会、朝日新聞松江総局、毎日新聞松江支局、読売新聞松江支局、日本経済新聞社松江支局、産経新聞社、共同通信社松江支局、時事通信社松江支局、中国新聞社、島根日日新聞社、NHK松江放送局、TSKさんいん中央テレビ、BSS山陰放送、日本海テレビ、山陰ケーブルビジョン、エフエム山陰、エフエムいずも

Sunday June 26, 2022–Sunday June 11, 2023
Exhibition Room 3

Organizer: Lafcadio Hearn Memorial Museum
Co-organizers: Matsue City / The San-in Chuo Shimpo Newspaper Co., Ltd.
Cooperation: Keio University Library / University of Toyama Central Library / Matsue City Central Library / Museum of Nature and Human Activities, Hyogo
Support: The Hearn Society / Asahi Shimbun Matsue office / Kyodo News Matsue office / Sankei Shimbun / Jiji Press Matsue office / Shimane Nichi-nichi Shimbun / Chugoku Shimbun / Nihon Keizai Shimbun Matsue office / Mainichi Shimbun Matsue office / Yomiuri Shimbun Matsue office / Broadcasting System of San-in Inc. / NHK Matsue / TSK Sanin Chuo TV / Nihonkai Telecasting Co., Ltd. / San-in Cable Vision / FM Izumo / FM San-in

チラシ flyer | PDF(5.6MB)

小泉八雲(ラフカディオ·ハーン)は虫を愛した作家でした。ファーブルの昆虫の本を愛読し、美しい竹細工の虫籠に松虫や鈴虫、草ひばりなどを飼い、その声音に耳を傾けていました。また、日本の古い詩歌をたくさん拾い集め、その詩に込められた心情や自然観、あるいは虫に対する日本人の愛着心について語るとともに、ときには進化論や仏教的、哲学的随想を交えながら日本の虫にまつわることがらを西洋の読者に紹介しています。

作品に目を向けてみると、「蜻蛉トンボ」「セミ」「ハエ」「ホタル」「カエル」「カイコ」「草ひばり」「チョウ」「」「アリ」など多くの虫や小動物などをテーマにしていることがわかります。作品はいずれも昆虫学の論考ではなく、その種類や鳴き声、和歌や俳句、虫聴きや虫売りなど文化的考察のエッセーです。八雲は虫にまつわる民俗信仰や民衆文化に関心を示し、自分自身も庶民の生活を共有するという共感的な姿勢を貫いていることがわかります。

「一寸の虫にも五分の魂」を見出す日本人の心の持ち方、虫の音を「美しいミュージック」と感じる日本人の耳と豊かな感性は、虫の愛好という点において、古代ギリシャ人と酷似していることにも気づきました。

本展では、虫や小動物が主役となる作品を糸口に、愛用の虫籠、直筆原稿、著作にみる昆虫のイラストなどの資料を中心に展示します。八雲が最も健全で幸福であるという日本人の自然に対する態度、あるがままの自然を受け入れ、虫や蛙などかそけきものの中にも「美」を見出してきた日本人の心に光をあてていきます。そのことが、困難な現代を生きる私たちに一筋の光をもたらすことを期待しています。

Lafcadio Hearn, the writer, loved insects, and was an avid reader of Fabre’s books about insects. He kept a pine cricket, bell cricket and grass skylark in beautiful bamboo insect cages and listened to their song. He also collected many old Japanese poems. He wrote of the Japanese feelings and views on nature, and their attachment to insects which were evinced in these poems. In his essays, he touched upon the theory of evolution, and Buddhist and philosophical thought, and introduced the Japanese view of insects to readers in the West.

If we look at the themes in Hearn’s works, we can see many insects and small creatures, such as dragonflies, cicadas, flies, fireflies, frogs, silkworms, grass skylarks, butterflies, mosquitoes, and ants. However, his works were not entomological studies. He wrote essays on cultural observations, such the types of insects and their cries, waka and haiku poetry, the custom of listening to insects and the sale of insects. Hearn showed an interest in the folk beliefs and culture of the common people regarding insects. He maintained an empathetic stance in sharing the lives of the ordinary people.

The Japanese attitude towards insects, expressed in the saying “even a worm will turn”, the way in which they consider the cries of insects to be “beautiful music” and their rich sensibility have similarities with that of the ancient Greeks in terms of having a fondness for insects.

Emphasising works which feature insects and small creatures, this special exhibition displays Hearn’s beloved insect cages, original manuscripts and illustrations from his works. We will shine a light on the Japanese attitude towards nature, which Hearn found to be the soundest and happiest, the Japanese acceptance of nature “as-is”, and the beauty they find in ephemeral creatures such as insects and frogs. We hope this brings a ray of light to us who are living in the difficult contemporary era.


展示テーマ

  • 〈かそけきもの〉へのまなざし
  • 小泉八雲―虫を愛した作家
  • 虫になりたいという願い
  • 昆虫学者的な眼と心
  • 虫をめぐる民俗信仰と民衆文化
  • 「草ひばり」―究極の八雲文学
  • 「安芸之介の夢」―虫と夢と奇談と

Exhibition themes

  • Turning one’s gaze towards fleeting lives
  • Lafcadio Hearn—A writer who loved insects
  • Desire to be reborn as an insect
  • Eyes and heart like an entomologist
  • Folk belief regarding insects and the culture of the masses
  • “Kusa-hibari”—The ultimate Hearn literature
  • “The Dream of Akinosuké”—Insects, dreams and odd tales
八雲愛用の虫籠(船型)
小泉八雲記念館蔵
Insect cages which Hearn loved (Boat shape)
Lafcadio Hearn Memorial Museum
八雲愛用の虫籠(日輪)
小泉八雲記念館蔵
Insect cages which Hearn loved (Sun shape)
Lafcadio Hearn Memorial Museum
晩年のハーン
小泉家蔵
Hearn in his later years
Photo courtesy of the Koizumi family
昆虫に関する八雲の蔵書
富山大学附属図書館蔵
Books from Hearn’s library related to insects
Collection of the University of Toyama Library
錦絵「俳優見立夏商人〈虫売り〉」
初代歌川国貞(三代歌川豊国)
国立歴史民俗博物館画像提供
Actors as Vendors in Summer: Insects Vendor by the first Utagawa Kunisada
Image courtesy of the National Museum of Japanese History

「蝉の挿画」より「アブラゼミ」
小泉一雄装幀 「蝉」『影』所収
慶應義塾図書画像提供
Illustrations of Semi
Images courtesy of Keio University Libraries

『影』校正シート
小泉一雄装幀
慶應義塾図書画像提供
Shadowings Proof-sheets
Image courtesy of Keio University Libraries

『影』初版本(1900年)
小泉八雲記念館蔵
Shadowings First edition (1900)
Lafcadio Hearn Memorial Museum

「虫の音楽家」
『異国風物と回顧』(1898年)より
小泉八雲記念館蔵
“Insect-Musician”
Exotics and Retrospectives (1898)
Lafcadio Hearn Memorial Museum

草ひばりのイラスト
「虫の音楽家」『異国風物と回顧』(1898年)より
Illustration of “Kusa-hibari”
from “Insect-Musician” Exotics and Retrospectives (1898)

参考文献

  • 平井呈一訳『日本瞥見記』上・下(恒文社)
  • 平井呈一訳『仏の畑の落穂他』(恒文社)
  • 平井呈一訳『日本雑記他』(恒文社)
  • 平井呈一訳『怪談・骨董他』(恒文社)
  • 小泉節子・小泉一雄『小泉八雲 思い出の記・父「八雲」を憶う』(恒文社)
  • 『ラフカディオ・ハーン著作集』第7巻(恒文社)
  • 『ラフカディオ・ハーン著作集』第10巻(恒文社)
  • 長澤純夫編訳『小泉八雲 蝶の幻想』(築地書館)
  • 池田雅之訳『虫の音楽家』(ちくま文庫)
  • 加納康嗣『鳴く虫文化誌――虫聴き名所と虫売り』(HSK)
  • 『小泉八雲事典』(恒文社)
  • 平川祐弘『小泉八雲――西洋脱出への夢』(新潮社)
  • 牧野陽子『ラフカディオ・ハーン』(中公新書)
  • 森亮『小泉八雲の文学』(恒文社)
  • 西川盛雄『ラフカディオ・ハーンの魅力』(新宿書房)
  • 小泉八雲記念館編『小泉八雲の怪談づくし』(八雲会)
  • 図録『小泉八雲、開かれた精神の航跡。』(小泉八雲記念館)
  • 図録『小泉八雲、妖怪へのまなざし』(小泉八雲記念館)
  • 図録『小泉八雲 放浪するゴースト』(新宿歴史博物館)
  • 『小泉八雲草稿・未刊行書簡拾遺集』第一巻(雄松堂出版)

企画展図録
The Exhibition Catalog

1階ミュージアムショップおよび郵送販売にて扱っています。

詳細

企画展会期中のイベント

オープニング

フロアトーク―館長によるガイド(6/26)
八雲のバースデー・サプライズ(6/26-27)

レクチャー

河南堂珍元斎の鳴く虫講談!(7/30)
一寸の虫にも五分の魂―虫の魂を見つめる作家(9/11)

こどもワークショップ

[アートで遊ぼう]カラフルに夢虫!―自分だけの虫! どんな声で鳴く?(8/8 興雲閣)
[音で遊ぼう]Ryoさんと奏でる虫たちの風景(9/3) ※会場・定員変更
[絵を描こう] Ryoさんとコワかわいい妖怪たち(9/4)
渡辺亮妖怪画展 見えるもの、見えないもの(9/3-4) ※同時開催決定

落語

小泉八雲記念館寄席 柳家さん喬が語る八雲 Vol. 5(10/1)

演奏会
旧居ニテ 虫ノ声音ニ 耳ヲ澄マス

虫の声と織りなす絃の調べ(10/8 小泉八雲旧居)
かそけき夢の音—明治・大正の足踏みオルガンとともに(10/9 小泉八雲旧居) ※開催日変更

詳細

新型コロナウイルス感染拡大予防についてご協力のお願い

小泉八雲記念館では、新型コロナウィルス感染症拡大の予防のため、以下を実施しております。ご来館のみなさまのご理解とご協力をいただきますようお願いいたします。

詳細
  • 受付にて、検温、手指消毒、連絡先の記入(グループの場合代表者1名)をお願いいたします。

    37.5度以上熱がある方は、入館をご遠慮ください。

    必要に応じて入館者数を制限させていただきます。

    定期的に館内の消毒を行います。