Menu
小泉八雲『怪談』出版120年

2024年は小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)の『怪談』出版120年・没後120年です。
小泉八雲関連イベント開催や商品制作に、統一ロゴマークを使用し、小泉八雲記念イヤーを一緒に盛り上げませんか?!

小泉八雲『怪談』出版120年

2024年は小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)の『怪談』出版120年・没後120年です。
小泉八雲関連イベント開催や商品制作に、統一ロゴマークを使用し、小泉八雲記念イヤーを一緒に盛り上げませんか?!

小泉八雲『怪談』出版120年

2024年は小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)の『怪談』出版120年・没後120年です。
小泉八雲関連イベント開催や商品制作に、統一ロゴマークを使用し、小泉八雲記念イヤーを一緒に盛り上げませんか?!

Scroll

小泉八雲と『怪談』

晩年の小泉八雲|小泉家蔵

小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)の代表作『怪談(Kwaidan)』は1904年4月に、ボストンとニューヨークに拠点を置く、ホートン・ミフリン社から出版されました。同じ年の9月26日に八雲は逝去したので、〈2024年〉は『怪談』出版・八雲没後〈120年〉という節目にあたります。

『怪談』には、原話をもとにセツが「ヘルン言葉」で語り再話された物語作品、エッセー、昆虫に関する随想の三種の作品群があわせて20編収められています。なかでも「雪女」や「耳なし芳一」は作者以上に作品の知名度は出色です。シンプルな文体で怪奇の美と恐怖を語り、人間と異界とのつながりの感覚を示唆する同書は、多くの言語に翻訳され、世界中で読み継がれています。

八雲は新宿西大久保の書斎でこの本を書きました。しかし、「雪女」「ろくろ首」などの妖怪に、民俗学者として興味を示したのは松江時代のこと。その意味で松江は「怪談のふるさと」です。

「超自然の文学には一面の真理(truth)があり、その真理に対する人々の関心は不変」(東大講義)だと、八雲は展望します。分断や戦争、地球温暖化など、人間中心主義の弊害に悩む現代こそ、この本を読みなおす価値があるのかもしれません。

『怪談』初版本|1904年|小泉八雲記念館蔵

KWAIDAN 120 ロゴ入りイベント一覧

最終更新:2024年7月3日
「詳細」のリンク先は、外部サイトまたは画像・PDFファイルです。

松江ゴーストツアー(7-11月開催)

2024年7月27日(土)、8月24日(土)、8月31日(土)、9月7日(土)、9月14日(土)、10月26日(土)、11月2日(土)、11月9日(土)
集合:松江城大手前駐車場(島根県松江市)
解散:松江しんじ湖温泉駅(島根県松江市)

→ 詳細

ロゴマーク使用申請

2024年に小泉八雲『怪談』出版120年、また小泉八雲没後120年を迎え、統一ロゴマークを使用し、PRすることとしました。
ロゴマークのデザインは、多くの方に使っていただくことで、広く小泉八雲『怪談』出版120年をPRすることを目的にしています。
使用申請の方法等、詳しくはこちらをご確認ください。

→ 詳細