企画展・イベント

Exhibitions & Events

企画展

八雲が愛した日本の美
彫刻家 荒川亀斎と小泉八雲

Special Exhibition

The Japanese Aesthetic Hearn Loved
Sculptor Arakawa Kisai & Lafcadio Hearn

2018年6月27日(水)―2019年6月9日(日)
1階 展示室3

荒川亀斎(初代)は1827年4月25日、松江の雑賀横浜にて木工職人荒川茂蔵の子として誕生しました。名は明生、通称名は重之輔。亀斎は幼少の頃より彫刻界の天童と謳われ、地元では名の通った彫刻家でした。

1890年8月に松江に赴任した小泉八雲は、散歩中に出会ったあるお寺の石地蔵に魅了されます。それは寺町の龍昌寺にある慈愛に満ちた地蔵で、八雲はすぐにその作者を尋ね、「荒川亀斎」という名を知りました。翌日、さっそく亀斎の工房を訪ねた折、その腕前と名人気質に惚れ込み、二人は美術論をかわし意気投合したといいます(山陰新聞)。その後も、八雲は亀斎に作品を注文し、この彫刻家を世に紹介しようと、いわゆる作家のプロデュースを買って出ます。二人の関係は、八雲の著作や親友で島根県尋常中学校の教頭西田千太郎の日記と西田宛書簡、当時の山陰新聞などで、その交流を垣間見ることができます。

中でも、亀斎が八雲に見せた「気楽坊人形」は、作品「英語教師の日記から」(『知られぬ日本の面影』所収)に詳しく紹介されています。これを見て大変よろこんだ八雲のもとに、亀斎は「気楽坊」を模した人形を作成し贈呈しました(小泉八雲記念館蔵)。また、八雲は、1893年のシカゴ万博への出品を勧め、アドバイスもしています。この万博で「稲田姫像」(出雲大社蔵)が優等賞を獲得し、亀斎は彫刻家として不動の地位を築きました。

この企画展では、八雲が見出した郷土の作家・荒川亀斎の作品およびその周辺を紹介するとともに、著作や西田日記などの中に登場する亀斎とのエピソードをたどることで、小泉八雲の審美眼・美術観を探り八雲の新たな側面を紹介していきます。また、小泉八雲記念館が所蔵する荒川亀斎の作品をはじめ、最近発見された亀斎が八雲に見せた「気楽坊人形」(人形劇の図書館蔵)を初公開するとともに、主に出雲地方に点在する作品(「ヒポクラテス像扁額」〔株式会社城見エステート蔵〕、「八雲が注文して作らせた仏像(未完)」〔石谷家蔵〕など)の作品展示や映像・写真による展示を行います。八雲の著書や西田千太郎への書簡、当時の山陰新聞などから荒川亀斎という異才に迫っていきたいと思います。


参考
  • 『荒川亀斎傳』
  • 『天才彫刻家 荒川亀斎翁伝』松江先人記念館
  • 『西田千太郎日記』島根郷土資料刊行会
  • 『教育者ラフカディオ・ハーンの世界』ワン・ライン
  • 『写真でたどるハーンの1年2ヵ月』株式会社江友
  • 山陰新聞
  • 『小泉八雲事典』恒文社

主催:小泉八雲記念館
共催:松江市、山陰中央新報社
協力:荒川家、石谷家、出雲大社、島根大学附属図書館、島根県立図書館、株式会社城見エステート、長岡家、人形劇の図書館、松江先人記念館、公益財団法人陽明文庫
後援:八雲会

Wednesday, 27 June 2018–Sunday, 9 June 2019
Exhibition Room 3

The sculptor known as Arakawa Kisai (the First) was born the son of carpenter Arakawa Shigezo on the 25th of April 1827, in the Saikamachi-Yokobama area of Matsue. Kisai’s given name was Akio, but he went by the name Junosuke. From a young age, the sculpting world praised Kisai as a child prodigy. Everyone in town knew the name of this famous sculptor.

In August of 1890, Lafcadio Hearn would be transferred to Matsue, and discover a certain stone statue while out for a walk. Hearn became mesmerized by the statue, a friendly Buddhist Jizo which overflowed with benevolence and belonged to the Ryusho-ji Temple in Teramachi. Hearn immediately asked after the sculptor, and this was how he came to know the name Arakawa Kisai. The very next day, Hearn visited Kisai’s workshop, where he became enamored with the skill and demeanor of the master sculptor. The two men discussed the arts and are said to have hit it off very well (San-in Shimbun Newspaper). Hearn would go on to commission pieces from Kisai in an effort to introduce the sculptor to the world, as a producer might promote an artist. The bond these two men shared can be glimpsed today in Hearn’s writings; the diaries of Nishida Sentaro, who was Deputy Head Teacher of Shimane Prefectural Common Middle School and Hearn’s good friend; letters to Nishida; contemporary newspaper articles (San-in Shimbun); and other sources.

One piece in particular, Kirakubo Ningyo (a jolly old boy), is described in detail in Hearn’s ‘From the Diary of an English Teacher’ (Glimpses of Unfamiliar Japan). Kisai showed this piece to Hearn, who was rather pleased. The sculptor would later create a doll based on the happy-go-lucky Kirakubo, and present Hearn with the creation (Lafcadio Hearn Memorial Museum collections). Hearn later advised Kisai and encouraged the artisan to exhibit his works at the World’s Columbian Exposition of 1893. It was there that Kisai would receive honors for his Statue of Inata-Hime (Izumo Taisha Grand Shrine collections), cementing his place in sculpting history.

This exhibition seeks to introduce the works and story of Arakawa Kisai, the local artisan who Hearn discovered, while tracing Kisai’s appearances in the Nishida diaries and other writings. And, this exhibition explores Hearn’s eye for beauty and aesthetic sense, introducing an altogether new side of Lafcadio Hearn. Featured are the works of Arakawa Kisai from the collections of the Lafcadio Hearn Memorial Museum, as well as the recently-discovered Kirakubo Ningyo, the original doll which Kisai showed Hearn. This rare piece, on loan from the Torokko Puppetry Library, will be shown to the public for the first time. Other works, found mainly throughout the Izumo region, will also be exhibited; such as the Hippocrates Statue Plaque (The Shiromi Estate Co., Ltd. collections), and Buddha Statue Ordered by Hearn, uncompleted (The Ishitani Family collection), which was created to fulfill an order from Hearn. Photographs will be displayed as well. This exhibition seeks to uncover the great genius that was Arakawa Kisai, by piecing together Hearn’s writings, letters to Nishida Sentaro, articles from contemporary newspapers, and other artifacts.


organizer: Lafcadio Hearn Memorial Museum
co-organizers: Matsue City / The San-in Chuo Shimpo Newspaper Co., Ltd.
cooperation: The Arakawa Family / The Ishitani Family / Izumo Taisha Grand Shrine / Shimane University Library / The Shimane Prefectural Library / The Shiromi Estate Co., Ltd. / The Nagaoka Family / Torokko Puppetry Library / Matsue Senjin Museum / Yomei Bunko
sponsor: The Hearn Society


チラシ PDF(1.6MB)

オープニングイベント
小泉八雲と日本の芸術①民芸の美へ連なる思考
小泉凡館長のシリーズトークの第1回として開催します。
6月27日(水)14:00
※小泉八雲160回目の誕生日
2階 多目的スペース
参加無料 要参加申込

関連イベント多数開催
詳しくは会期中のイベントをご覧ください。

荒川亀斎
Arakawa Kisai (1827-1906)

松江の雑賀横浜に大工の子として生まれた荒川亀斎(戸籍名=荒川重之助)は、幼い頃から手先が器用で絵画や彫刻で早くから天分を現しました。持って生まれた才能に合わせ、彫刻をはじめ、日本画、国学、書道、金工など幅広い知識と技術を身に着け、多彩な活動を精力的に行いました。亀斎は、国内外の名だたる博覧会に作品を出品して受賞を重ね、1893年アメリカのシカゴ万博に「稲田姫像」を出品して優等賞を、1900年のパリ万博では扁額「征韓図」が銅牌を受賞しました。緻密な技巧を駆使した象嵌細工をはじめ工芸的な技法による木彫作品を数多く残し、地元の社寺でも亀斎彫刻はあちこちで見られます。

1890年には、小泉八雲(ヘルン)と出会い、2人は美術論で意気投合しその交友は長い間続きました。八雲没後2年の1906(明治39)年、80歳で芸術一筋の生涯を終え、洞光寺の墓地に静かに眠っています。

気楽坊人形(荒川亀斎修復)(人形劇の図書館蔵)
荒川亀斎が修復を頼まれ、小泉八雲に見せた「気楽坊人形」(当時は山陰新聞社主・勝部修氏蔵)。八雲は作品「英語教師の日記から」(『知られぬ日本の面影』所収)にて紹介している。
Kirakubo Ningyo (A Jolly Old Boy), is described in detail in Hearn’s ‘From the Diary of an English Teacher’ (part of Glimpses of Unfamiliar Japan). Kisai showed this piece to Hearn. (Torokko Puppetry Library Collections)
気楽坊人形(小泉八雲記念館蔵)
「気楽坊人形(荒川亀斎修復)」の亀斎による模作で、八雲に贈呈した人形。八雲はこれを気に入り、いつも傍らに置いていた。
Kisai created a doll based on the Kirakubo Ningyo, and present Hearn with the creation. (Lafcadio Hearn Memorial Museum Collections)

ヒポクラテス像扁額(株式会社城見エステート蔵)
西田千太郎の主治医で、八雲もかかった田野医院の所蔵するヒポクラテス像を見に行った。
Hippocrates Statue Plaque (Hipokuratesu Zo Hengaku) (The Shiromi Estate Co., Ltd. Collections)
龍昌寺の石地蔵(頭部復原)(小泉八雲記念館蔵)
龍昌寺(松江市寺町)にあった長岡家の石地蔵を見つけ、とりわけ愛情を注いだ。亀斎と八雲の出会いは、この石地蔵による。
Hearn discovered a friendly Buddhist Jizo while out for a walk, which overflowed with benevolence and belonged to the Ryusho-ji Temple in Teramachi. Kisai and Hearn met each other through this Jizo. (Lafcadio Hearn Memorial Museum Collections)