企画展・イベント

Exhibitions & Events

企画展

文学の宝庫IRELAND:
ハーンと同時代を生きたアイリッシュ・ライターズ

IRELAND—A Treasury of Literature:
Irish Writers of the Same Era as Hearn

ラフカディオ・ハーン
Lafcadio Hearn (1850-1904)
ブラム・ストーカー
Bram Stoker (1847-1912)
オスカー・ワイルド
Oscar Wilde (1854-1900)
ジョージ・バーナード・ショー
George Bernard Shaw (1856-1950)
ウィリアム・バトラー・イェイツ
William Butler Yeats (1865-1939)
ジェイムズ・ジョイス
James Joyce (1882-1941)

photos: public domain

日・アイルランド外交関係樹立60周年 Ireland-Japan 60th Anniversary of Diplomatic Relations

日本・アイルランド外交関係樹立60周年記念
小泉八雲記念館リニューアル1周年記念

2017年6月27日(火)~2018年6月10日(日)
1階 展示室3

ノーベル文学賞受賞者を4人も輩出した文学の国・アイルランド。

2歳でアイルランドへ移住したラフカディオ・ハーン(1850-1904)は、幼い時から読書や民話に親しみ、文学への入り口をこの国で見つけました。ハーンと同世代を生きたアイルランド人作家には、アイルランドの国民的詩人W.B.イェイツ(1865-1939)や、『ドラキュラ』の作者として知られるブラム・ストーカー(1847-1912)、『サロメ』や児童文学『幸せの王子』などで有名なオスカー・ワイルド(1854-1900)、『ユリシーズ』の著者ジェイムズ・ジョイス(1882-1941)などがいます。

侵略、内戦、独立など長い歴史の歩みの中で、翻弄されながらもこの国独自の文学の発展を遂げたアイルランド。この企画展では、18世紀後半から20世紀にかけて活躍したハーンを含むアイルランド人作家にスポットを当て、作家の紹介とともにその時代背景や文化背景を探り、文学的視点からハーンの中に秘められたアイルランド性を読み解いていきたいと思います。


主催:小泉八雲記念館
共催:松江市、NPO法人松江ツーリズム研究会
協力:ダブリン作家博物館 (Dublin Writers Museum)
後援:駐日アイルランド大使館

Special Exhibition: In commemoration of the Ireland-Japan 60th Anniversary of Diplomatic Relations & In commemoration of the 1st Anniversary of the Re-opening of the Lafcadio Hearn Memorial Museum

Tuesday June 27, 2017–Sunday June 10, 2018
Exhibition Room 3

Ireland is a country of letters which has produced four winners of the Nobel Prize in Literature.

Lafcadio Hearn (1850-1904) moved to Ireland at the age of two. He was fond of reading and folklore from a young age, and it was here that he found his way into literature. Writers who were contemporaries of Hearn include W.B. Yeats (1865-1939), Ireland’s national poet, Bram Stoker (1847-1912), known as the writer of Dracula, Oscar Wilde (1854-1900), who is famous for Salome and the children’s story The Happy Prince, and James Joyce (1882-1941) the writer of Ulysses.

Through a long history of turmoil, which saw invasion, civil war and eventual independence, Ireland developed its own unique form of literature. This exhibition turns the spotlight onto Irish writers, including Hearn, who were active from the late 18th century to the 20th century. In addition to introducing the writers, it also explores the historical and cultural background of the times, and seeks to understand Hearn’s essential Irishness from a literary perspective.


organizer: Lafcadio Hearn Memorial Museum
co-organizers: Matsue City, NPO Matsue Tourism
cooperation: Dublin Writers Museum
sponsor: Embassy of Ireland, Japan